中学受験を未経験な親は塾を利用しよう

中学受験の経験のない親が子どもに中学受験をさせる場合、自身の経験に基づいたアドバイスが出来ないので、苦労も多いでしょう。全中学生に占める私立中学生の割合は増加傾向にあり、公立中学に通った親が子供に中学受験させる数も増えているものと考えられます。中学受験のポイントは、子供のやる気や受験に対する理解、親の関わり方、塾や家庭教師の利用です。

子供のやる気については、各家庭の方針も影響します。特に公立校に通った親にとって、私立に行く意味を説明するのは困難が伴うのではないでしょうか。
高校受験をしないことで得られるメリットや、男子校・女子校のメリット、総体的には公立校より教育水準が高い場合が多いことが挙げられるでしょう。子供にどこまで伝わるかは個人差があると思いますが、合格の先を見据えた話し合いをすることをお勧めします。

親が積極的に学習指導や勉強に介入して名門校に合格させたというような話も聞きますが、これは相当自分で受験の準備をされた親か、自身の経験から計画的な受験の必勝パターンを会得している場合に限られると思います。
中には親に経験がなくてもスパルタ的な指導が合格につながっている場合もあるでしょうが、特異なケースと思われ、子供の受験後の燃えつきが心配です。

中学受験を検討しているものの、子供とどう係わればいいのか、親は何をすればよいのか、と悩まれている方については、まずは塾の利用をお勧めします。
名門を目指すわけでなければ、普通に通塾出来、宿題もこなせていれば、自然と子供の実力にあった中学への合格可能性は高まるでしょう。親は塾のアドバイスをよく聞くことが大切です。通塾開始後は学習に関する保護者説明会などが開催されることも多いので、出席してそこでのアドバイスを家庭でも反映させるようにしましょう。

また、塾に通いたがらない、宿題がこなせなかったり塾の授業を理解できていないような場合は、家庭教師や個別指導的な塾の方が子供にあっている可能性もあります。

新着情報

2016年12月01日
  ホームページを更新しました。